プレミアムブラントゥースに植物性の油性成分が入っている理由。

プレミアブラントゥースには歯の汚れを落とすものであったり、口のなかをすっきりとさせるハッカ系の成分であったりといろんな成分が入っていますが、これらの成分のなかには植物性の油性成分も含まれています。

歯をホワイトニングするのにどうしてこんな油性の成分が入っているのでしょうか?こんなことをはあまり考えたりもしないかも知れないですが、案外重要な成分なんですよね。

プレミアムブラントゥースはパパイン酵素の力で歯に着色した汚れを取り去っていってくれます。ですが、歯を白くさせようとするとそれだけでは十分でないのを知っていますか?

つまり、色素沈着をとるだけではなくて、また色素が付着しないようにもしないといけないんですよね。だって、歯に色素が付着する原因というのは常に起こっていますから。食事をしたり、飲み物を飲んだり、それにタバコを吸う人なんかはいつも黄ばみの原因を発生させているようなものです。

つまり、歯を白くしていこうと思えば、そうした常に発生している色素沈着の原因を抑制しないといけません。

そこで油性成分の登場というわけなんですね。

プレミアムブラントゥースを紹介しているあるサイトにプレミアムブラントゥースで歯を磨いたあとはツルツルになる。というページがありましたが、ここで言っていることがまさにその事です。歯がツルツルになるという事は、油性の成分によって歯がコーティングされていることを意味します。

歯をコーティングする事によって、色素沈着を発生させにくくしているんですね。逆に、この作用がなければ、せっかくプレミアムブラントゥースの有効成分で歯を白くすることができたとしても、そのあとに次から次へとやってくる色素沈着の原因によって、歯は色素がついたままになり、なかなか白くならないというわけです。

プレミアムブラントゥースのような歯の黄ばみや着色汚れのための商品でよく比較されるのが、それらを取り除く成分の比較なんですが、本当の意味での効果を考えた場合、実は歯を色素から守る効果についても比較されるべきだと言っても良いと思います。

最終的なゴールは今ある色素を落とすだけではなくて、歯の本来の白さを取り戻していくことにありますからね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です