プレミアムブラントゥースで落ちない着色ってある?

プレミアムブラントゥースを使う人のほとんどは、ドリンクの色素やタバコのヤニなどをとるためにプレミアムブラントゥースを試そうとしていると思いますが、それ以外の着色についてはどうなのでしょうか?落ちるのでしょうか?

ここで一つ重要な話があるんですが、自分では着色だと思っていても、実はそれは着色ではなくて、もともとの色だったっていうパターンがあるんですね。

歯の表面にはエナメル質っていうのがあるのはプレミアムブラントゥースに興味のある人であれば、だいたいの人は知っていると思います。で、このエナメル質なんですが、実は多くの人は確かに白いんですが、なかにはもともと黄ばみがあったり、茶色がかっていたりする場合があります。

そうなると、当然といえば、当然なんですが、どれだけプレミアムブラントゥースで歯を磨いていても、歯は白くなりません。プレミアムブラントゥースの限界と言っても良いかも知れないですが、やはりもともとの色以上には歯を白くする事はできないんですね。

さらに、もう一つ重要な話としては、歯のエナメル質の奥には象牙質という部分があるのを知っていますか?これ歯の構造としてとても重要な役割を担っているところですが、この象牙質の色は茶色がかった色になっています。

もし、歯のエナメル質が人よりも薄い場合には、この茶色の象牙質の色がエナメル質の色のように見えてしまい、歯が黄ばんで見えてしまう事があります。

その時も当然ですが、プレミアムブラントゥースでどれだけ磨いても歯は白くなりません。

プレミアムブラントゥースがこの2つのパターンになっていないかどうかは購入する前に
はチェックしておいた方がいいですよ。じゃないと、どれだけプレミアムブラントゥースで磨いて変化はでてきませんからね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です